press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1

ふたりのももたろう

木戸優起 作 キタハラケンタ 絵
​ドリームインキュベータ 発行

蛇腹構造で、両面から楽しめる絵本。

 

一つは、一般的なももたろうの物語。
川から流れてきた大きな桃は、おばあさんに拾われ、仲間を集めて、鬼退治にいくというお話。

もう一方は、川から流れてきた桃が、もしも、おばあさんに拾われずに鬼ヶ島まで流れついてしまい、
ももたろうが鬼に拾われ、育てられたらどうなるか、といった物語となっています。

​公式サイトはこちらです